厳選された飼料

人は食べるもので決まる。こんなことわざがありますが、私たち人間に限られたものではありません。健康な飼料を食べることに意味がある豚にも当てはまります。ゲント大学の専門家と取り組んだ多岐に渡る共同研究により、デュロック・ドリーヴで飼育する豚にとって最高の、3 つの柱にこだわった飼料配合を開発しました。

1.風味と柔らかさ

デュロック・ドリーヴでは、飼料の脂肪源としてオリーブオイルを採用しています。これには理由があります。オリーブオイルが肉の風味を高め、より柔らかくなるのです。この飼料プログラムを活用し、豚の発育過程において適切な時期に脂肪を生成することができます。

2.健康

健康な食生活にオリーブオイルが推奨されていることは良く知られています。オリーブオイルは、体に悪いとされる飽和脂肪が少なく、一価不飽和脂肪酸を多く含んでいます。飼料にオリーブオイルを使用することで、デュロック・ドリーヴの豚の体脂肪にもオリーブオイルのような脂肪酸組成を作り出すのです。また、心疾患を防ぐ効果もあります。

3.最適な原料配合

デュロック・ドリーヴでは、化学的研究結果に基づいた飼料原料を用いています。天然の原材料(小麦、大麦、トウモロコシ)をブレンドしたものに、食物繊維・プロテインを加えたものがベースです。ここに、脂肪源としてオリーブオイルを加えています。この所定の配合にこだわり、デュロック・ドリーヴの独特で柔らかい豚肉の品質が一貫して保たれています。