デュロック豚の持ち味とは

独特の赤毛と垂れた耳

デュロック豚の大きな特徴は赤毛と垂れた耳です。赤毛にも様々な種類があり、明るい黄 色から深い茶色がかったマホガニー色まで多彩です。これがデュロック種の他の品種との 大きな違いであり、最大の魅力の一つと言っても過言ではないでしょう。

興味を掻き立てられる、そのルーツ

デュロック種のルーツはついては、諸説があります。奴隷貿易によってアフリカからアメ リカに伝わったという説や、コロンブスがノバスコシアに持ち込んだという説。現在、デ ュロック・ドリーヴでは、ニューヨーク州原産のレッド・デュロックとニュージャージー 州原産のジャージー・レッドから派生した品種を厳選して取り扱っています。私たちが自 信を持ってお勧めいたします。

世界の注目を集めた名高い品種

19 世紀、デュロック豚の名は既に世界に知られていました。1893 年にシカゴで開催されたデュロックワールドフェアではデュロック種の知名度が証明され、今なお、その人気は衰えることはなく、ますます世界で愛される品種に進化を遂げています。

デュロック・ドリーヴならではの想像に満ちた交雑

上質な肉質を誇るデュロック・ドリーヴの豚肉は、各種精肉店でお買い求めいただけます。この肉質は、非常に個性が強い 2 種類の豚の交雑により実現しました。格別の肉質で知られるホワイトハーディの雌とブラウンレッドデュロックの雄のかけ合わせによるものです。デュロック豚は筋肉内脂肪に優れており、濃い肉色は、より柔らかく風味が良い証です。この交雑により誕生した豚肉は、その旨み、柔らかさ、風味も確かです。

デュロック・ドリーヴ「赤ラベル」:純粋種による究極の味

肉料理をこよなく愛するグルメな美食家の方々に”赤”ラベル品をご用意しています。赤ラベルが貼られた豚肉は、100%純粋種のデュロック種の証であり、真のデュロック種豚肉をご賞味いただけます。「赤」ラベルは、デュロック種の赤毛と濃い肉色を表したものです。純粋種のデュロック豚は筋肉内脂肪量が高いことが特徴です。この特徴により、料理の風味が豊かになり、印象深いはっきりとした味わいが加わります。ベルギー人シェフの料理にますますこの豚肉が登場しているのも頷けます。デュロック・ドリーヴ「赤ラベル」品は、高級精肉店で取り扱っております。